【カンパニー導入事例①】不動産業界BtoC企業(社名非公開)

en-syatyokoho

 

案件概要

エン 社長候補はBtoC企業様の新規事業開発人材採用プロジェクトを発足。

コロナの影響を受け、既存事業だけでは将来的な不安があるものの、
新規事業の方向性が定まっていない状況からスタート。

候補者から起案された新規事業案を基に、社長、執行役員との面談を数多く設定。

主体者として起案される新規事業を数多く聞きながら、社長の中で方向性が固まり、
より精度の高い集客とスクリーニングで新規事業責任者獲得を目指している。

 

クライアント情報

  • クライアント :BtoC企業様
  • 業種 :不動産
  • 従業員数 :約30名

 

クライアントの課題

エリア戦略と営業力で堅調な経営を続けてきたクライアント。
コロナの影響により、売上が大幅にダウン。また、将来的なユーザーの価値観が変わることも明白で、
次世代に向けた新たな事業創出が必要となっていました。

しかし、社内にイノベーター人材がいないことに加え、
既存事業の収益を守ることに社長、役員のキャパシティも逼迫している状況。

新規事業の起案~先導まで担え、経営陣も安心して任せられる経営リーダー人材が必要であるものの、
経営人材の採用経験がなく、要件定義、選考フローも定まっていない状況だった。

 

エン 社長候補を導入して

 

・経営陣への意思決定支援と共通認識の構築

外部環境と社内リソースを整理して、新規事業開発の必要性を再認識
社長だけでなく役員の理解も得て、新規事業開発への意志を経営ボードメンバーで
共通認識を持った。

・要件定義

採用プロジェクト中に変わることも視野に新規事業責任者の要件を定義
候補者が応募時に、クライアントのリソースを加味した新規事業案を提出。
エン 社長候補側でスクリーニングして、推薦を行った。

・選考フローの構築

キャパシティのない中で、効率的に面談、選考ができるような仕組みを提案
具体的には、月間の面談日(毎週金曜日)を決め、エン 社長候補側で日程調整。
クライアントの日程調整にかかる労力を削減。加えてオンラインでの面談をアサインして、
多忙の中でも進められるように仕組みを整えました。

エン 社長候補は中小・中堅企業の経営者様向けの経営人材に特化したエージェントサービスです。
新規事業創出にお悩みの企業様はぜひ、エン 社長候補にお問い合わせください!

エン 社長候補へのお問い合わせはこちら!

”エン 社長候補”で自分だけの
新しいキャリアを探してください

”エン 社長候補”では年収800万以上の社長候補求人を掲載しています。
会員限定公開のコンフィデンシャル求人も多数取り扱っております。
会員登録する