幹部人材として転職する際の面談のポイント【アピールになる質問編】

en-syatyokoho

これまでの記事では、幹部人材としての転職における経営者との面談の【目的】【見極められるポイント】について解説してきました。今回お伝えするのは、【質問】についてです。面談において、経営者から質問を促されることも少なくありません。応募者の疑問解消や意欲・コミュニケーション能力の確認、企業との相性確認といった様々な意図や狙いがあるものですが、この質問をうまく活用することで経営者へのアピールにつながります。この記事では、効果的な質問のパターンを解説していきます。

企業への理解度の高さを示す

質問においては、企業への理解度を示すような内容であると経営者から高い評価を得られます。

経営者は応募者に対して「本当に会社のことを理解してくれているのか」ということに不安を感じているものです。そこで深い質問を行なうことで、その会社に対する強い関心や入社したいと思っていることも証明が可能です。何より質問の鋭さによっては「この人を迎え入れることで、自社の経営にプラスになる」という印象を与えることが可能です。事業戦略など入社後のミッションに関わる部分はもちろんですが、経営者の持つ想いやビジョンなどを深堀りするような質問は、得てして高い評価につながるケースが多いです。

自身の果たせる役割を示す

質問を通じて、自身が果たせる役割を提案することも効果的です。特に経営幹部や幹部候補人材の採用の場合、主体的に課題を解決できることが求められます。ですので、その会社が抱えている課題や将来像を理解した上で、「自分はこのような形で力になれる」という提案型のアピールは非常に好まれます。

質問や提案の内容が具体的であるほど、高評価につながる傾向にあります。事実、ある企業の経営者面談では、質問を通して会社の状況や課題などを把握した候補者が、自分なりの解決策を提示したことで「自社の事業成長にはこの人のような存在が必要だ」と経営者から評価されてCOO候補として入社に至ったケースもあります。

自身にとっての理想像を示す

自分のやりたいこと、叶えたいことを起点に質問をすることも有効です。たとえば、自身の持つ強みや得意分野があり、転職先でもそれらを活かしたい」という考えがあるなら、「御社ではそのようなチャレンジができるか」といった質問です。

自身の理想像を元に質問をすることで熱意やスキルのアピールになるだけでなく、経営者からビジョンや事業展開を聞くことが可能です。その中で自身の実現したいことと乖離がないかをチェックできるため、入社後のイメージを固められるとともに転職後のギャップ防止にもつながります。

質問を有効活用する人は、成功する。

経営者面談における質問は、いわばあなたの幹部人材としての優秀さを示すチャンスです。質問内容はもちろんですが、質問の機会をいかにうまく活用して相手に良い印象を与えるか…という戦略性を秘めています。

エン・ジャパンが展開する新サービス【エン社長候補】は、CEO/COO候補求人に特化したオンライン紹介サービス です。「次の社長候補として経営人材を求める企業」とめぐりあうことができるため、イチから起業するという選択をしなくても経営者への道を歩むことができます。企業側にも内定までに合計3時間の面談を設けるようお願いしており、あなたの強みや魅力をアピールする充分な時間があります。

まずは【エン社長候補】にご登録いただき、起業ではない経営者の目指し方を歩み始めませんか。

”エン 社長候補”で自分だけの
新しいキャリアを探してください

”エン 社長候補”では年収800万以上の社長候補求人を掲載しています。
会員限定公開のコンフィデンシャル求人も多数取り扱っております。
会員登録する