社長面接でNGが出るケースとは?経営幹部の転職で押さえたい社長面接のポイント。

en-syatyokoho

経営幹部候補として転職する上で、応募企業の経営者である社長との面接は自身をアピールするための絶好の機会です。それは、「面談の目的」「見極められるポイント」「面接での質問」についてのコラムでも触れてきました。

では、社長面接ではどのような理由でNGが出されるのか、それを避けるための対策をこの記事では解説します。

目次

社長は「長期目線」を持って面接に臨んでいる。

「理念」や「VMV」を理解した上で社長面接に臨む。

【エン社長候補】だから、詳細な情報を知ることができる。

社長は「長期目線」を持って面接に臨んでいる。

自社の未来を左右するような経営人材の採用の場合、募集企業の社長も気合充分。面接にも自ら参加するケースがほとんどです。特に将来的にCEOやCOOを前提とした募集の場合、入社時点で任されるのも事業部長といった重要ポジションである場合が多いです。それだけに、社長は面接で「会社の成長を支えていける人物かどうか」を見極めたいと考えています。

社長面接は「即戦力だからOK」ではない

入社時点で事業部長といったポジションを任されるわけですから、当然そのポジションにふさわしいスキルを持っているか、ミッションを遂行できるだけのスキルを持っているかは重要です。しかし、それはあくまでも前提。スキルや経験、専門性が充分でも、それだけでは採用に至らないのが経営幹部の採用です。

仕事への考え方が合うかどうかが重要

実は社長をはじめとした経営陣が、面接で重視するのはスキル以上に「考え方」であることが少なくありません。この考え方は優劣があるものではなく、純粋に「合うか、合わないか」でもあります。仕事価値観や仕事への取り組み方、一緒に働くメンバーへの向き合い方など、そのような点から自社の風土や文化とマッチするのかを探っているのです。

全く逆の性質を求められる場合も。

一方、風土づくりや社内の意識改革が組織課題となっている企業も。その場合、現在の自社の雰囲気や考え方とは真逆に近い人材を求める経営者が少なくありません。たとえばそれまでは家庭的な社風を重視していた企業が、事業を次のフェーズに進めるために合理的な判断のできる人材を採用したいと考えるケース。それまで自社内にいなかったタイプの人材を組織に入れることで、組織を活性化させたいという展望を社長自身が持つための判断と言えます。

「理念」や「VMV」を理解した上で社長面接に臨む。

このように、仕事に対する価値観をはじめとした「考え方」は、幹部採用において非常に重要な要素となります。候補者の持つスキルや経験、専門性が基準以上だったとしても、「理念」「カルチャー」が異なれば受け入れられないケースも多いのです。そのようなアンマッチが面接で判明した場合、それまでの時間や労力が双方にとって無駄になりません。だからこそ、事前に企業の「理念」や「ビジョン・ミッション・バリュー」などを理解した上で面接に臨むことが大切です。

「理念」や「VMV」から、企業の考えを紐解く

当然ではありますが、企業の掲げる理念やビジョン・ミッション・バリューなどは、企業が大切にしたいことが詰まっています。このような部分から、「募集企業が何を大切に考え、事業を展開しているのか」を紐解くことが理解への近道です。

募集背景から期待されている役割を紐解く

企業がどのようなフェーズにあるかによっても、求められる考え方が異なる場合があることは先ほども触れました。このような期待される役割を紐解くには、求人の募集背景に着目する必要があります。募集企業が採用を通して、どのようなことを実現したいのか、どのような課題を克服したいのか、といった背景を知ることで、入社後のポジションにおいてどのような役割や立ち回りを期待されているのかを推測することができます。

以上のように企業の大切にしている考え方や期待されている役割を把握した上で、自身の考え方や仕事に対する姿勢などをアピールすることで、面接において社長からも高い評価を得ることができるでしょう。

【エン社長候補】だから、詳細な情報を知ることができる。

一般的なハイクラス転職エージェントの求人票では、企業の理念やVMV、募集背景などそこまで深い情報を得ることは難しい場合が多いです。しかし、【エン社長候補】の場合は、自社の専任エージェントが企業の経営層と直接商談・ヒアリングを実施。その情報をもとに、プロのライターが求人票を作成しています。そのため、応募を決める前段階から、募集企業への理解を深めることができます。

企業との面接においても、担当エージェントが事前に面談を実施することが可能。事前に企業や事業の理解をさらに促進させることができます。募集企業へも、内定出しまでに合計3時間以上の経営層との面談をお願いしているため、事業や目指すべき方向性について納得度の高い状態で入社の意思決定を下すことができます。

まずは【エン社長候補】にご登録いただき、起業ではない経営者の目指し方を歩み始めませんか。

”エン 社長候補”で自分だけの
新しいキャリアを探してください

”エン 社長候補”では年収800万以上の社長候補求人を掲載しています。
会員限定公開のコンフィデンシャル求人も多数取り扱っております。
会員登録する