マネジメントに必要な能力とは?マネージャーが伸ばすべき5つのスキル

en-syatyokoho

マネージャーとして欠かせないスキルであるマネジメント能力。部下と協力し、プロジェクトを達成させるために欠かせない能力です。

しかし、

「客観的に自分自身にマネジメント能力があるだろうか?」

「今の会社では通用するけれども、他の会社では通用するのだろうか?」

「もっとマネジメント能力を磨くには、どうしたら良いだろうか?」

と考えることがあるかもしれません。本記事では、マネジメント能力の説明に加え、マネジメントに必要な5つのスキルと思考法を解説します。

これまで様々な経験を通じ、マネジメント能力に長けていると自負する方にこそ、改めて読んでいただいたい内容です。ぜひ最後までご覧ください。

目次

マネジメント能力とは

マネジメントとリーダーシップとの違い

マネジメント能力の対象範囲

マネジメント能力を構成する5つのスキル

マネジメント能力を高める5つの思考法

マネジメント能力は活かせる場がある

マネジメント能力とは

マネジメント能力とは、管理能力のことを示します。

英語の「management」は管理の意味。限られた資源を管理・運用することで、目標を達成させる能力と言えるでしょう。

管理の対象は役割やポジションによって異なり、経営者であれば企業全体が管理対象。部長や課長であれば、そのセクションのヒト・モノ・カネ・情報が管理対象です。

マネージャーはマネジメント能力を高め、経営資源を最大限に生かすことが求められるのです。

しかし、実はマネジメントがしっかりできていると考える人は、実際には多くありません。内閣官房内閣人事局が行なった調査によると、管理職自身もその部下も、半数以上が「マネジメントが充分でない」と回答しているのです。

マネジメント 管理職

出典:内閣官房内閣人事局「管理職のマネジメント能力に関する アンケート調査」

マネジメント 一般職員

出典:内閣官房内閣人事局「管理職のマネジメント能力に関する アンケート調査」

マネジメントとリーダーシップとの違い

マネジメント能力と同様にマネージャーに求められる能力として、「リーダーシップ」があります。マネジメントとリーダーシップの違いは、対象範囲です。広範囲を管理するマネジメントに対して、リーダーシップは人を対象としています。

  • マネジメント:人、物、金、情報などの経営資源全般が対象
  • リーダーシップ:人が対象

マネジメント能力とリーダーシップは相反するものではなく、マネージャーには両方の能力が求められます。

VUCA時代と呼ばれる昨今は、企業の外部・内部を問わず、環境の変化が激しい時代。環境変化に迅速に対応するために、マネジメント能力とリーダーシップを向上させる必要があります。

マネジメント能力の対象範囲

マネジメント能力を発揮する対象は、事業と組織に分けることもできます。

1. 事業マネジメント

事業マネジメントは、事業を成長させるために、経営資源をどのように配分するかを管理することです。

自社と競合他社、業界全体をマクロ・ミクロの視点で把握する必要があります。

具体的には、

  • 自社のPL、BS、キャッシュフロー計算書などの財務指標
  • 人事考課などの人的リソースの管理指標
  • 自社商品の売上状況や競合商品の状況
  • 顧客情報やリピート率やLTVなどの各種指標
  • 業界全体の成長性や海外トレンド

これらの管理指標を把握し、適切な判断による経営資源の配分が事業マネジメントです。

2. 組織マネジメント

組織マネジメントは、組織を円滑に運営するためのマネジメントです。会社は目的と目標を達成するために人が集まり、組織を構成しています。

そのため、

  • メンバーごとの能力を最大化させる
  • 各自の強みを活かし、弱みをお互いが補う
  • 全員の力を集めることで、事業をスケールさせる

このように、メンバー全員の能力を結集し、仕事を進めていくことが組織化となります。組織化により、掲げた目的と目標を達成させるために、マネジメント能力が必要なのです。

マネジメント能力を構成する5つのスキル

ここからは、マネジメント能力を構成する5つのスキルを解説します。

  1. ビジョン設定と意思統一
  2. 進捗管理と軌道修正
  3. スタッフへの動機付け
  4. 状況に応じた対応
  5. 結果と行動へのフィードバック

順番に見ていきましょう。

1. ビジョン設定と意思統一

まずは自部署の目的・ミッションをマネージャーが理解し、自分の言葉でスタッフに説明できるようにしましょう。

 

「スタッフが自立的に動いてくれない…」

「スタッフがもっと自発的に考えてくれれば良いのに…」

 

スタッフを抱える立場であれば、一度はこう思ってしまうかもしれません。

しかし、スタッフ側の立場からすると、ゴールが見えない状態で仕事を頑張ることは難しいもの。自立的な動きには、マネージャーからの青写真と具体的な指示が必要だと捉えましょう。

そのために、

  • マネージャー自身が会社のビジョンや方針を理解する
  • 俯瞰的な視点で、自部署がどのような位置付けであるべきかを捉える
  • どのようなミッションと目標を担っているのかをスタッフに語る

借り物ではないマネージャーの言葉と熱量は、きっとスタッフに通じるでしょう。

2. 進捗管理と軌道修正

各スタッフの進捗状況を把握し、軌道修正していきましょう。

掲げたビジョンや目標値に対して、正しいアプローチができているかを確認し、ズレがあれば修正をかけます。

マネージャーが関わるべき内容や頻度は、スタッフの熟練度に応じて異なります。新入社員なのか、ベテランの社員なのかによって、フォローする内容が変わるでしょう。

なお、スタッフの仕事が滞っている場合、マネージャーが仕事を肩代わりしてしまう場合があります。緊急性が高い場合は致し方がありませんが、スタッフを育成する観点からすると、スタッフ自身に解決させるのも一考です。

マネージャーは、スタッフを挑戦させ、見守り、フォローすることが必要です。スタッフが自立し自分で困難に立ち向かえるように支えていきましょう。

3. スタッフへの動機付け

スタッフに対して仕事の進め方や考え方を伝え、動機付ける必要があります。

目の前の業務に没頭していると、当初に掲げたビジョンを忘れてしまい、目標だけを追ってしまう場合があります。

1on1ミーティングなど、スタッフとコミュニケーションをとる機会を意図的に作り、仕事に取り組む意義を伝えていきましょう。

4. 状況に応じた対応

仕事の進捗に応じて、役割分担の変更や人的リソースの再配分を実行しましょう。

マネージャーは管理をするのが仕事。

仕事の進捗が悪い時や、リソースを投下すれば事業が伸びる場合、再配分が必要です。日々変化する状況に対して、チームのリソースをどのように活かせば目標を達成できるか考え、対応していきましょう。

5. 結果と行動へのフィードバック

目標に対しての結果を踏まえ、スタッフにフィードバックを行いましょう。

結果は数値で捉え、目標に対して達成・未達成問わず、フィードバックが必要です。フィードバックが必要な理由は、仕事を検証する仕組みを作るため。仕事をやりっぱなしにせず、何がよかったのか、悪かったのかを検証し、次に活かしましょう。

また、マネージャーからのフィードバックとともに、スタッフ本人に検証の時間を与え、次はどのような行動を取るべきかを考えてもらいましょう。

マネジメント能力を高める5つの思考法

マネジメント能力に必要なスキルを理解した上で、ここからは、どのようにマネジメント能力を高めるべきかを解説していきます。

マネジメント能力を高めるには、5つの思考法が重要です。

  1. 現状の課題と今後のビジョンを俯瞰して捉える
  2. 全体最適を常に考える
  3. 問題への対応と事前のリスク対策
  4. 人を管理するのではなく、人に寄り添う
  5. チームで成果を出すことにこだわる

 

順番に見ていきましょう。

1. 現状の課題と今後のビジョンを俯瞰して捉える

会社全体の課題とビジョンは何でしょうか?

これは社長が考えること。そう思うかもしれませんが、マネージャーが考えるべきことでもあります。

マネージャーであれば、与えられたセクションの目標を踏まえ、部署内のリソースを管理するのが求められます。

しかし、そこから一歩進み、俯瞰的な視点で自部署及び会社がどうあるべきかを考えると良いでしょう。

会社は、掲げたビジョンを達成させるために人が集まった組織。ビジョンを効率よく実現させるために部署が設置され、個々人が配属されます。会社の課題や今後のビジョンを俯瞰的に捉えた上で、自部署の動きを考えることで、今何をすべきかが見えてきます。

自分が経営者になったつもりで考えてみましょう。

2. 全体最適を常に考える

会社全体を俯瞰し、全体最適になるような動き方を意識しましょう。

マネージャーであれば、自分が管轄している部署の目標達成がミッション。しかし、自部署の最適化が、必ずしも全体最適につながるとは限りません。前後工程の部署を把握するためにも、自社にバリューチェーン分析をかけると良いでしょう。

バリューチェーン分析は、事業活動において、どのプロセスでどのような価値が生み出されているかを理解するための分析手法。会社を部署や工程ごとに区分けし、強みやボトルネックを把握します。

自分が所属している会社を俯瞰して見ることで、視座が高まります。全体が見えれば、自部署がどう動くべきかが見えてくるでしょう。

3. 問題への対応と事前のリスク対策

問題発生時こそ、上司であるマネージャーが対応すべき場面。マネジメント能力の向上はもとより、自分が成長するための機会と捉えましょう。

仕事を進めていく上で、思い通りにならないことは多々あるもの。困難な場面に遭遇しても、逃げずに立ち向かうことで、解決の糸口が見えてきます。

また、マネージャー自らが問題に立ち向かう姿は、スタッフの心に響くもの。問題に真摯に向き合い、解決に全力を注ぐことで、問題解決のケーススタディとして蓄積されるでしょう。

一方で、問題が起こらないようにリスクを予見し、事前に対策をとることが重要です。会社を俯瞰して捉えることで、将来起きる可能性がある問題を予見し、事前に対策をとっていきます。

たとえば、会社の売上が向上した場合、バックオフィス側の観点で事前に対策すべきことを列挙すると、

  • 既存スタッフへの教育
  • 新卒・中途採用による人的リソースの確保
  • オフィスの拡張やリモートワークの体制整備
  • パソコンなどの備品の調達
  • 給与や保険料の増加に伴うキャッシュの確保

このように、売上が向上する望ましい状況であっても、対策すべきことが出てきます。

中長期的な時間軸と俯瞰した視座を元に、先手を打っていきましょう。

4. 人を管理するのではなく、人に寄り添う

マネージャーは仕事を管理する必要があります。しかし、働くスタッフはロボットではありません。

 

仕事に向き合う気持ちやモチベーションは日によって変動し、もしかすると現状に不満を持っているかもしれません。

 

また、プライベートで何か気になることがあれば、関心が仕事から離れる場合もあります。こういったことを織り込んだ上で、マネージャーは仕事を管理しなければなりません。

 

一人ひとりのスタッフに寄り添い、目配り、気配り、心配りをしていきましょう。

 

5. チームで成果を出すことにこだわる

マネージャーが一人で仕事を進めても、できる範囲には限界があります。だからこそ、チームで仕事を進め、成果を出すことにこだわりましょう。

 

仕事は結果と実績が全て。

 

崇高なビジョンがあっても、売上と利益がなければ、従業員を継続的に雇うことはできません。

結果を出すために、プロ意識を持ち、目の前の仕事にコミットする。そして、成果につなげられるマネージャーとチームをめざしましょう。

なお、自部署のスタッフは、マネージャーが給与を払うつもりで仕事を捉えてみるとわかりやすいでしょう。

自部署の売上や利益などの会社への貢献度合いを可視化し、どれくらい稼ぐ必要があるのかを把握。俯瞰的な視点でみたときに、どのように仕事を進めるべきかを描いてみると良いでしょう。

マネジメント能力は活かせる場がある

マネジメント能力は、限られた資源を管理・運用することで、目標を達成させる能力のことでした。そして、マネジメント能力を高めるための5つのスキルと、5つの思考法を解説しました。

マネジメント能力は様々な困難を乗り越えてきたからこそ、身についてきたことでしょう。チームで仕事をする楽しさ、難しさを体験してきたからこそ、人に悩み、人に救われてきたはず。

だからこそ、もっと大きなチャレンジや、今までとは違った環境で力を試したいと思うことがあるかもしれません。そのような時は、【エン社長候補】を眺めてみるのも一考です。

【エン社長候補】なら、これまでのマネジメント経験を元に、より大きな裁量や権限を持って仕事に臨める案件が多く掲載されています。

まずは無料で会員登録を行い、企業の求人情報を確認してみましょう。

自分の評価を、客観的に受けてみる良い機会にもなりますよ。

”エン 社長候補”で自分だけの
新しいキャリアを探してください

”エン 社長候補”では年収800万以上の社長候補求人を掲載しています。
会員限定公開のコンフィデンシャル求人も多数取り扱っております。
会員登録する