年収ダウンでも転職する?経営幹部としての転職を成功させる考え方。

en-shatyokoho

「新しい環境でチャレンジしたい」
「本当にやりたかったことに、向き合いたい」
「違う会社でも、自分は通用するのだろうか?」

社会人経験を積んできた方なら、誰しもこう思うかもしれません。今の職場に不満はないけれども、なんとなくマンネリ化してしまっている現状。このままで良いのか、漠然とした不安を覚えることがありますよね。

やりたい仕事を探すべく、何気なく転職サイトを眺めると、今より年収が下がる条件ばかり。二の足を踏んでしまい、時間だけが過ぎてしまう。年収ダウンは家族のことを考えると難しく、自分のプライドとしても受け入れがたい。しかし、だからといって、このままで良いのかと自問自答が続く日々。

本記事では、転職を考えているけれども、年収ダウンがどうしても引っかかる方に読んでいただきたい記事です。転職時は年収がダウンしたものの、その後の活躍でやりがいと年収アップを両立する考え方を解説します。ぜひ最後までご覧ください。

転職で年収がダウンするから転職をあきらめますか?

転職で年収がダウンする条件を見ると、どうしても迷ってしまうもの。しかし、そもそもなぜ転職しようと思ったのでしょうか?

今の仕事がマンネリ化してしまった
新しい仕事にチャレンジしたい
自分の力がどこまで通用するかを知りたい

自分の本心に耳を傾けると、本当に自分がやりたいことを実現したいと思う気持ちがあったはず。心の声に素直に向き合い、行動するならば、転職に踏み切るのが良いでしょう。

しかし、現実を直視すれば年収ダウンは避けたいところ。家族がいれば、なおさら今後の生活に不安を覚えるかもしれません。「年収がダウンするから転職をあきらめる」生活を考えればこれも一つの答えでしょう。しかし、

年収がダウンする理由
年収がダウンしても転職に踏み切るべき理由
年収を高める考え方

この3点を押さえた上で、最終判断をしても良いはずです。次項から1つずつ解説していきます。

転職で年収がダウンする理由

社長や人事責任者は、なぜ年収ダウンの提示をするのでしょうか?会社側の立場で考えると良いでしょう。

転職で年収がダウンする理由は、

未経験かつ異業種への転職
役職が下がる
会社規模の変化

順番に見ていきましょう。

1. 未経験かつ異業種への転職

あなたが会社の社長や人事責任者だった場合、未経験かつ異業種への転職を希望する求職者に、年収アップの提示をするでしょうか?やる気とチャレンジ精神は評価しても、果たして成果を出してくれるか不安になるはずです。

社長や人事責任者は会社の業績を伸ばす責務を担っています。業績向上の一つの手段として、中途採用による人的リソースの拡充を選択し、採用を検討しているのです。

未経験かつ異業種への転職を希望する場合、年収アップの提示は慎重にならざるを得ないでしょう。

2. 役職が下がる

前職で役職がついていても、転職先の企業では役職が下がる場合があるでしょう。そのため、役職手当ぶんの給与が下がり、年収がダウンします。

3. 会社規模の変化

一般的に、大企業から中小企業に転職をすると給与水準が低くなりがちです。2021年に厚生労働省から発表された、賃金構造基本統計調査の概況を見ると、

企業規模別に賃金をみると、男性では、大企業377.1千円、中企業331.7千円、小企業302.4千円、女性では、大企業 266.4 千円、中企業 253.1 千円、小企業 232.9 千円となっています。
企業規模間賃金格差(大企業=100)は、男性で、中企業 88.0、小企業 80.2、女性で、中企業 95.0、小企業 87.4 です。

このように、企業規模における賃金格差が発生しているのです。

年収がダウンしても転職に踏み切るべき6つの理由

ここからは、年収がダウンしても転職に踏み切るべき5つの理由を解説します。

自分への自信がある
新しいチャレンジがしたい
やりたい仕事がしたい
キャリアアップが見込める
業界全体や会社の業績が伸びている
ストックオプションが付与される

順番に見ていきましょう。

1. 自分への自信がある

自分に対して自信があること。これが、年収がダウンしても転職に踏み切るべき理由の1つ目です。これまでの社会人経験を振り返ってみると、成功や失敗を繰り返しながら、様々な困難を乗り越えてきたはずです。

何もわからない社会人1年生が現場で叩き上げられ、今では部下を預かる立場になった。逃げずに課題に立ち向かい、チームで課題を解決する喜びを知れた。年齢や役職が上がるごとに、仕事の奥深さや面白さを感じるようになったことでしょう。

面接 自己PR

今までの経験や仕事に対する考え方は、ポータブルスキルとして、新しい業界や職場においても活用できること。実績が自信となり、転職へ向けて背中を押してくれるでしょう。

2. 新しいチャレンジがしたい

仕事に対して、
自分の本気を出して、仕事に取り組んでいますか?
仕事に熱中していますか?
最近、仕事でワクワクすることがありましたか?

3つとも答えが「No」でしたら、新しいチャレンジが必要です。今の仕事は慣れていて、勝手がわかっている。そのため、気づかないうちに手を抜いているかも知れません。

新しい環境で、以前のようにギラギラと仕事に取り組んでみませんか?何もわからなかったけれども、果敢に挑戦し、熱意を持って仕事に向き合いませんか?新しいチャレンジをしたいと思う本心があるからこそ、転職を考えているはず。勇気を持って踏み込んでみませんか?

3. やりたい仕事がしたい

社会人経験を積んだからこそ、やりたい仕事が見えてきた。そう感じる時はありませんか?

人に教えている時が楽しい
黙々と何かを作っていると、時が経つのを忘れてしまう
チームで仕事を進め、成果が出た時の達成感が最高だ

どんな「こと」が楽しいのか。職種や仕事内容だけでは幅が広く、抽象的になりがちです。やりたい「こと」にフォーカスし、実現できる環境を選択すると良いでしょう。

4. キャリアアップが見込める

転職先の企業でキャリアアップが見込める場合、転職を検討しても良いでしょう。

まずは事業責任者などのポジションで転職し、2〜3年は実務経験を積む。その後、COOやCEOなどにポジションアップする場合があります。

関連記事/CEOとは?COOや社長との違い、CEOになるための道筋を解説。

そのため、転職直後は年収が下がったとしても、その後の活躍で大幅に年収を上げられる可能性があります。

まずは転職時の面接において、今後のキャリアプランをすり合わせすると良いでしょう。転職先の企業が、あなたに何を求めているのかをヒアリング。期待役割と実現するまでの期間を確認しましょう。

転職後の指針となり、モチベーションアップにつながります。

5. 業界全体や会社の業績が伸びている

転職を検討している業界や、会社の業績が伸びている場合、一時的に年収がダウンしても転職を検討しても良いでしょう。理由は、業界自体が成長しており、今後の年収アップが見込まれるためです。

DX 事例

たとえば、SaaS企業やDXに関連する企業は市場全体が伸びており、業績が向上しています。スタートアップ企業も多く存在し、売上の増加に対して会社の組織体制が追いついていない企業もあります。求人内容に記載のある業績の状況や、面接時に会社の社内体制について確認すると良いでしょう。

6. ストックオプションが付与される

スタートアップ企業において、ストックオプションが付与される機会があります。

ストックオプションは、自社株をあらかじめ決められた価格で取得できる権利。公開後の株価が取得時の株価を上回れば、売却益が得られます。

短期的には年収減となりますが、将来性を踏まえて判断すると良いでしょう。

関連記事/ストックオプション制度とは?付与内容や税制面について徹底解説

年収を高める考え方

ここからは、転職後に年収を高める方法について解説していきましょう。自分のやりがいを優先して転職を決意したものの、やはり年収がダウンした状態は1年でも早く解消したいところ。転職先の企業では、どのような考え方で仕事に取り組めば、年収アップにつながるのでしょうか?

1. 仕事の成果を知る

転職先の企業と面談をする際に、以下について確認しましょう。

仕事の成果、KPIは何か
入社して期待されることは何か
どうなったら年収が上がるのか

年収へのこだわりは決して悪いことではありません。率直に希望年収を伝えた上で、これらを確認すると良いでしょう。

現状の年収を踏まえて、転職先の企業は年収を算定するもの。一方で、成果が出せるかわからない状態のあなたに、高額な年収を提示するのは会社としてリスクがあります。

仕事 成果

そこで、面談時に仕事の成果や期待されることを協議。達成の度合いに応じて、年収アップにつながるのかを確認しましょう。

2. 社風を理解する

今まで役職があった人でも、転職先の企業では1人の社員として再出発となります。役職がついた状態で転職する場合はありますが、転職先の人たちに教えてもらいながら仕事を進めることでしょう。

そこで重要なのが、社風を理解すること。社風は暗黙知で形成されており、社歴が短いと理解できない場面があるかも知れません。そこで、創業から今までの経緯や社長の考え方を理解し、思考の根本に触れることをおすすめします。

よく使われる社内用語や、会社が大事にしている行動を把握。どういう思考を元に、仕事を進めるべきか理解し、転職先の企業で1日も早く戦力になるために動きましょう。

3. 主語を会社として物事を考える

自分の年収をアップさせるには、まずは会社を儲けさせる必要があります。給与は会社に原資があるからこそ、支払えるもの。そのため、仕事の提案や判断は、主語を会社として考えると良いでしょう。

この提案は、会社にとって良いことなのか
この仕事は、会社のビジョン実現につながっているのか
この判断は、会社が儲かることにつながるのか

会社を主語とし、大局観を持って仕事に臨む。社長や役員などの事業責任者として活躍するならば、必要な考え方でしょう。

覚悟を持った人を会社は求めている

本記事では、転職によって年収がダウンする理由を解説。また、本当に自分がやりたいことがあれば、年収がダウンしても転職に踏み切るべき理由と、転職先の企業での年収を高める考え方を提示しました。

転職により年収がダウンした場合、様々な影響が出るのは事実です。しかし、新たな決意で転職先の企業で活躍し、早期に年収アップを実現させれば良いのです。

これまでの社会人経験を振り返ってみてください。様々な困難に打ち勝ったからこそ、今があるはず。1つずつ課題に立ち向かい、知恵と気力を振り絞り、乗り越えてきた実績があるでしょう。

転職により年収がダウンしてでも入社する。この決意を持ったあなたを見て、転職先の会社は覚悟を感じるでしょう。目先の収入よりも自分がやりたいこと、実現したいことを求め、転職先の会社に貢献しようとする姿は、高貴なものです。

【エン社長候補】なら、こういった覚悟を持った人材を求めている会社が多く掲載されています。まずは無料で会員登録を行い、企業の求人情報を確認してみてください。あなたの経験と覚悟は、きっと転職先の企業でも活かされるでしょう。

”エン 社長候補”で自分だけの
新しいキャリアを探してください

”エン 社長候補”では年収800万以上の社長候補求人を掲載しています。
会員限定公開のコンフィデンシャル求人も多数取り扱っております。
会員登録する