転職エージェントとは?その役割や活用方法をご紹介!

en-shatyokoho

近年、転職活動において、転職エージェントの利用が活発になってきています。転職エージェントとは具体的に何をしてくれる存在なのでしょうか。よく耳にはしますが、役割や利用方法について曖昧だという人も多いと思います。

転職エージェントの利用は、求職者と企業それぞれにどのようなメリット・デメリットがあるのか、他の転職活動の方法や採用アプローチとの違いは何か、そして効果的に活用するためのコツについて、今回の記事では紹介していきます。

 転職エージェントとは?まずはその意味や役割をおさらい。

最初に、転職エージェントの意味や役割についておさらいします。転職活動の主役である「求職者」と「企業」という二者のどこに位置し、どのような役割を担っているのかを紹介します。

 転職エージェントの意味と役割

 転職エージェントは求職者と企業の間に立ち、求める企業や人材を紹介する「橋渡し」のような役割です。採用が決まるように両者間で仲介や調整を行いますが、その内容は幅広く、キャリアプランや面接日時、そして雇用条件まで様々です。

それでは、求職者と企業それぞれから見た転職エージェントの役割について詳しく説明します。

求職者にとっての転職エージェントの一番の役割は、プロの目から適した企業を選び、紹介してくれることです。また、選考やキャリアプランに関する様々なアドバイスを与えてくれるキャリアアドバイザーでもあります。履歴書などの書類作成や面接での質問内容についても相談できるため、その他の転職活動よりも求職者の内定率が高く、短期間で内定できます。

転職 エージェント 面談

企業にとっての転職エージェントの役割は、優秀な人材の紹介が第一です。また、それだけではなく、採用に関する選考の過程も部分的に代行します。

例えば、転職サイトに募集要項を掲載する場合、企業は書類選考を一から自分たちで行わなければなりません。ですが、転職エージェントはニーズに合わせて人材を紹介してくれるため、企業は募集要項の作成と書類選考を省略し、面接からスタートできます。

 転職エージェントのサービスや仕組み

 転職エージェントについての疑問の1つに、「本当に求職者は無料で利用できる?それはなぜ?」という内容があります。

多くの転職エージェントは、求職者は無料で利用できます。それでもなぜビジネスとして成立するのか、転職エージェントサービスの仕組みについて解説します。

転職エージェントは企業と求職者の間で、それぞれに対して紹介やアドバイスを行います。そして、求職者が内定すると、企業はサービス利用料(紹介料)を転職エージェントへ成功報酬として支払います。そのため求職者は無料なのです。

その際、企業は他の採用方法よりも比較的高い成功報酬を支払いますが、それでも年々転職エージェントを利用する企業は増えています。他の方法と比べながら、その理由についてもこれから紹介していきます。

 その他の採用方法との違い

 主な転職活動の方法や採用アプローチである「ダイレクトリクルーティング」と「転職サイト(求人媒体)」について、その内容や転職エージェントとはどのように異なるのかを説明していきます。

 ダイレクトリクルーティングとの違い

 転職エージェントとよく混同してしまう単語に「ダイレクトリクルーティング」があります。ダイレクトリクルーティングも、近年広がりつつある新しい採用アプローチです。

この2つの最大の違いは「「誰が」人材を探すのか」という点です。

ダイレクトリクルーティングは、人材データベースを利用して「企業が」スカウト候補者を探します。

そして転職エージェントのような仲介者を挟まず、直接その人材にアプローチします。そのため、ダイレクトリクルーティングで企業が利用するサービスはほぼ人材データベースのみです。

また、スカウトしたい人材を見つけた後のやり取りもすべて企業だけで行います。ダイレクトリクルーティングには、選考を代行するアドバイザーやコンサルタントが存在しません。

一方、転職エージェントを利用した場合は「転職エージェントが」スカウト候補者を探します。企業は紹介された人材について採用・不採用だけを判断します。また、求職者と企業両方の選考の一部も代行し、内定した場合だけ企業が転職エージェントに支払う成功報酬型が大半です。

 転職サイト(求人媒体)との違い

 求人媒体に募集要項を掲載する「転職サイト」は、企業がサービス利用料を払い、求職者は無料で利用できるという点が似ています。

ですが、最大の違いはやはり求職者や企業にサポートする存在がいるかどうかです。転職エージェントにはアドバイザーがいますが、転職サイトにはいません。

そのため求職者は、転職エージェントが行うような企業の紹介や応募書類の添削、そして模擬面接といった各種サポートは受けられません。

それは企業も同様で、自社の募集要項は果たして求める人材が集まる内容になっているか、また、そもそも掲載先の転職サイトが効果的なのかどうかもわかりません。ですが、採用できなくても費用は発生します。

転職サイトは「紹介」というサービスが基本的にはありません。また、転職エージェントのような非公開求人もほとんどありません。転職サイトを利用する場合、求職者も企業も「自分で」適した相手やサービスを選ぶ必要があります。

 転職エージェント(人材紹介)のメリット・デメリット

 転職エージェント(人材紹介)のメリット・デメリットを、求職者と企業それぞれについて解説していきます。

また、「ダイレクトリクルーティング」と「転職サイト(求人媒体)」のメリット・デメリットについても併せて紹介します。

 転職エージェントのメリット

《求職者のメリット》

登録後まずプロのキャリアアドバイザーと面談があることが多く、それをもとにして応募先企業を紹介されるため、内定後のミスマッチが起こりにくくなります。無料で利用できる点も大きなメリットです。

また、転職活動における悩みの1つに「自分のキャリアプランや企業選びが正しいかどうかわからない」というものがあります。それについて、プロの目線から客観的なアドバイスをもらえることも貴重です。思いもよらなかった企業や業界を紹介され、新たなキャリアが拓ける場合もあります。

職務 経歴 書 とは

転職活動は、書類選考後に数度の面接を経てようやく内定が決まります。中途転職の場合はあまり時間も割けず、スピーディーに終わらせたい人が大半ではないでしょうか。ですが、転職エージェントであれば企業選びから面接の日時調整までをすべて代行するため、求職者は転職活動にかける時間を大幅に減らせます。

また、自分からは直接質問や交渉をしにくい給与や休日などについても、転職エージェントを通して行えることができます。

《企業のメリット》

企業のメリットも、やはりキャリアのプロから人材を紹介され、選考にかける時間を減らせる点にあります。大半の転職エージェントは成功報酬型のため、採用しなければ費用は発生しません。

転職サイトの利用やダイレクトリクルーティングの場合とは異なる、業界を詳しく知るプロから推薦された人材と知り会えることはとても大きなメリットです。

 転職エージェントのデメリット

 《求職者のデメリット》

デメリットは、最初にキャリアアドバイザーとの面談があり、登録後すぐにスタートというわけにはいかない点です。また、転職サイトのように自分で数多く見てから選ぶこともできません。

注意が必要なのは、転職エージェントはそれぞれサービスの強みが異なっていることが多い点です。業界や年齢層、地域に特化している場合もあるため、希望する転職先を扱っている転職エージェントを選ぶようにして下さい。

《企業のデメリット》

企業にとってのデメリットは、プロのアドバイザーの紹介や非公開情報が得られる分、他の採用アプローチに比べてコストが高いことです。

ただ、基本的には成功報酬型のため、採用しない場合は支払う必要がありません。その点が、採用できなくてもコストがかかる転職サイトやダイレクトリクルーティングとは大きく異なります。

 ダイレクトリクルーティング(スカウト)のメリット・デメリット

 《メリット》

企業にとってのメリットは、転職サイトや転職エージェントのように求職者を待つのではなく、選んだ人材に直接アプローチできる点です。自社で働くメリットや魅力を1対1で伝えられるため、ミスマッチも減らせます。

それ以外にも、候補者選びから実際のアプローチ、選考などをすべて自社で行うため、採用ノウハウが育つことが挙げられます。

《デメリット》

候補者選びから実際の採用までに非常に工数と時間がかかる点です。相手とのやり取りをすべて自社で行うため、転職サイトの利用よりもさらに人手が必要になります。大量採用や急募にはあまり向きません。

また、企業からのスカウトメールでやり取りが始まることもあり、相手の熱意が一般的な求職者に比べて低い場合があります。

 転職サイト(求人媒体)のメリット・デメリット

 求職者から見た転職サイトのメリットは、自分で数多く見て選べる点です。また、応募もいつでも好きなときにできます。

デメリットは、応募先企業を選ぶのも選考の準備もすべて自分だけで行う点です。そのため、転職エージェントを利用した場合よりも内定率が下がることが多く、転職期間も長くなります。

同じように企業も、掲載する募集要項や企業情報を自分たちで作成する必要があります。また、その内容へのアドバイスをもらえない点も大きなデメリットでしょう。

加えて、ベテランの採用担当者以外には数回の面接だけで自社に適した人材かを見極めるのが難しく、内定後ミスマッチだったということもあります。

 転職エージェントの利用方法

 転職エージェントを利用するための具体的な手順や、選び方のポイント、その活用方法について紹介していきます。

 転職エージェントを使い始めるには

 転職エージェント利用の流れは、大きく分けて5段階です。

(1)転職エージェントを選んで登録する

(2)キャリアアドバイザーとの面談

(3)キャリアアドバイザーからの応募先企業の紹介

(4)応募・面接

(5)内定

後半は他の転職活動とあまり変わりませんが、前半にキャリアアドバイザーとの面談を経た上で応募先企業を紹介される点が大きく異なります。転職エージェントはそういった情報をもとにアドバイスして企業を紹介するため、できるだけ詳しく伝えるようにしましょう。

 転職エージェントを選ぶポイント4点

 転職エージェントを行っている企業は数多くあります。その中から効果的な転職エージェントを選ぶためのポイントを4点紹介します。

(1)キャリアアドバイザーのクオリティ

(2)求職者へのヒアリングがあるかどうか

(3)非公開求人の数

(4)添削や模擬面接など選考に必要な準備へのアドバイスの充実

(1)キャリアアドバイザーのクオリティ

転職エージェントとその他の転職活動の一番の違いは「プロのアドバイザーの存在」です。求職者と企業の間に立つこのアドバイザーのクオリティに大きく影響されるため、必ず業界や地域、年齢など、希望している転職先に特化した転職エージェントを選んで下さい。

(2)求職者へのヒアリングがあるかどうか

転職エージェントは、データだけでなく面談などを通して求職者のニーズを把握します。電話やメールなど形式は何であれ、最初にそういったヒアリングのない転職エージェントは求職者に合う企業を紹介できる可能性が低いでしょう。

求人 紹介

(3)非公開求人の数

一般に公開されない「非公開求人」の情報を持つところが転職エージェントの強みです。そのような情報のほうがずっと企業の核心に近く、転職活動では断然有利になります。

また、非公開求人があるということは、その転職エージェントが企業から信頼されている証でもあります。積極的に活用しましょう。

(4)添削や模擬面接など選考に必要な準備へのアドバイスの充実

非公開情報を持つプロのアドバイザーであれば、各企業が求める人材についてより詳しく知っているはずです。それらの情報をもとに求職者に書類の添削や模擬面接などの選考サポートする体制が整っているかどうか、必ず確認して下さい。

 経営幹部層の転職向き転職エージェントは?

 転職エージェントは、業界や地域を問わず網羅している総合型のほか、業界や世代、そして地域などに専門性を持つ特化型があります。

これまで紹介したように、転職エージェントの情報は非公開求人が多く、なかなか表に出ません。中でも経営幹部層の求人が特に公開されないのは、人事の動きだけで企業戦略や目標を他社に気づかれる危険性があるからです。

ハイクラスへの転職を目指している場合はぜひ「経営幹部に特化した転職エージェント」を利用し、非公開情報を手に入れるようにして下さい。

経営幹部層の求人に活用!「エン社長候補」

転職エージェントは、求職者にとっても企業にとっても、他の転職サービスにはないプロのアドバイザーがもらえることが最大のメリットです。

転職エージェントを利用した転職を成功させるためには、まず自分のキャリアプランや専門性に合った転職エージェントを選ぶことが大切です。

ですが、経営幹部層(ハイクラス)の多くは求人情報を非公開にし、信頼できる転職エージェントからの紹介のみに絞っています。そのため、経営幹部への転職はそれに特化したサービスをあらかじめ利用することが一番成功しやすいでしょう。

エン社長候補は経営幹部層の転職に特化している転職エージェントです。非公開求人なども多いため、このクラスを目指すならぜひエン社長候補に会員登録をお願いします。

”エン 社長候補”で自分だけの
新しいキャリアを探してください

”エン 社長候補”では年収800万以上の社長候補求人を掲載しています。
会員限定公開のコンフィデンシャル求人も多数取り扱っております。
会員登録する