COO候補(社長補佐からスタート)

株式会社ワイズ技研
―― 無謀とも言える、企業の変革。先導する社長の背中を、預けます。

▼『一次産業のSier』を目指し、爆進中。
ワイズ技研は、もともと地盤改良工事を中心とした会社でした。その過程で培われた技術を活かし、建設事業者向けのドローン事業をスタート。この好調を受け、農業向けのドローン事業も立ち上げました。今後漁業などにも領域を広げ、目指すは『一次産業のSier』です。

▼気づけば、少し突っ走っていました。
社長自身が新規事業に注力していることもあり、既存事業の社員はおいてけぼり状態。できれば一致団結して同じ方向に走りたいのに。一方で新規事業に関連してM&Aで取得した企業の経営支援も進めなくてはいけません。中にも外にも課題…社長ひとりでは手が足りません。

▼社長の無謀な挑戦を、支えてあげてください。
思えばこのスピード感で未知の領域への挑戦は、無謀だったかもしれません。けれど、社長を支えてくれるような人がいてくれたら、新規事業はさらに前進し、既存事業とのつながりも強くなると思うのです。どうか、社長を手助けしてあげてくれませんか。
掲載期間21/07/13〜21/10/31

募集要項

参画時職種
経営企画/管理責任者
将来目指せる
ポジション
COO候補
年収

<参画時年収>
年俸制:700万円以上(経験・スキルに応じます)

<将来目指せる年収>
1200万円~2000万円(業績への貢献度に応じて調整可能です)

職務内容

社長補佐として、既存事業と新規事業、さらには現在M&Aを進めている事業がシナジーを生み出すよう社内体制を築きます。短期的にはM&Aを行なった企業の経営マージを手がけるとともに、長期的には、社長と現場の橋渡し役となり経営戦略の理解・浸透を促します。

<具体的なミッション>
■中長期的には
現在会社として新規事業の立ち上げに注力しています。社長自身も深く新規事業に関わっており、既存事業のケアを充分できていない状態。既存事業の社員が新規事業に対し前向きになっていないことが予想され、先々の退職リスクを上昇させかねません。

そこで、社長補佐が既存事業と社長との橋渡し役となり、積極的な新規事業立ち上げに社員が前向きな感情を持ってもらえるよう働きかけます。とはいえ、現段階で具体的な策はありません。現場の声を聞き、何をすべきかは社長とともに考えていきましょう。

■短期的には
現在、農業事業者向けにドローンの販売を促進するために、農機具の販売代理店を買収しています。今後はその流通網に乗せる形で、農業事業者に対するドローンの販売を加速させていきます。その流通の仕組みを構築し、うまくマージさせることが短期的にお任せしたいミッションです。なお、M&Aは株式の取得のみで、経営権は取得していません。

将来的には

今後さらに新規事業の可能性を模索する考えであり、より幅広い事業領域でミッションを遂行することになります。また、上記ミッションに対して一定以上の成果を出した暁には、COOや新規事業を分社化した際の関連会社社長としてより裁量や権限を持って経営へと参画するチャンスが生まれます。

応募資格
<必須条件>
■複数の異なる事業をまたいだ組織マネジメントの経験
■M&A後の経営管理・支援の実務経験がある方

<歓迎条件>
■建設業や一次産業に対する知見をお持ちの方
募集背景
1985年の創業以来、地盤調査・地盤改良事業を中心に事業を拡大させてきたワイズ技研。近年ではドローンによる調査も導入し、より高いサービスクオリティを実現させてきました。その中で培われたドローン技術を活かし、2016年にドローンビジネスへと参入。さらにはそれを発展させる形で、スマート農業支援事業もスタートさせました。

このように、ワイズ技研は大きな変革期の只中にあります。今後もさらなる新規事業の立ち上げを模索しており、変化のスピードをさらに加速させていきたいと考えています。

一方、現状では社長自身が新規事業に深く関わっていることから、既存事業とのコミュニケーションが充分に取れていないことが課題として挙げられます。新規事業の推進にあたっても、社長やそのメンバーだけでは手が足りない部分も出てきてしまっています。

そこで、今回新たに社長補佐のポジションを創設。社長だけでは不充分な部分をサポートし、会社の変革を推し進める役割を担っていただきたいと考えています。
雇用形態
正社員
勤務地
東京都
東京都渋谷区
勤務時間
9:00~17:00
休日
月6~8日(日曜+祝日)
有給休暇
福利厚生
■昇給年1回
■賞与年2回
■社会保険完備(雇用・労災・健康・厚生年金)
■交通費(上限月3万円)
■家族手当(配偶者月5000円、子ども1人あたり月5000円、上限月5万円)
■役職手当
■退職金制度
■資格取得支援制度

社長紹介

株式会社ワイズ技研
代表取締役 北田 諭史
会社のIT技術の推進してほしいと初代社長の井上に声をかけられ、平成8年にアルバイトとしてワイズ技研に入社しました。

その後は様々な角度から当社に関わってきました。特に、新しい試みについては積極的に行なってきたつもりです。例えば、工事現場のデジタルカメラの導入もいち早く行ないました。平成24年に取締役に就任してからも、新工法の導入や助成金の獲得、施工部門強化に向けた若手社員採用への注力など、様々な角度から社内改革に取り組んでいます。現在は代表取締役を務めていますが、情熱を持って新しい挑戦をするという気持ちに変わりはありません。

近年ではドローン事業やそれを拡張させたスマート農業支援事業などもスタート。「一次産業のSierになる」というのが、今後の当社の目指すべき姿となるでしょう。

その実現にあたり、私と志を一にし、ともに変革を推進してくださる方が当社には必要です。今回の募集で、その担い手となる方と出会えることを期待しています。

企業概要

設立
1989年3月
代表者
代表取締役 北田 諭史
従業員数
20名
売上高
3億6500万円(2020年2月期実績)
資本金
1000万円
利益
企業分類
非上場
業種
不動産・建設
事業概要
測量/地質調査/地盤改良工事/土木施工工事
事業所
・東京本社
・神奈川事業所
・埼玉事業所
関連会社
企業HP
http://www.ysgiken.co.jp/

応募・選考について

選考プロセス
【STEP1】
Web履歴書による書類選考

【STEP2】
代表面接(合計3時間程度。原則直接お会いしてお話する予定です。当社代表とじっくり話ができるよう、十分な時間を確保します。)※土日希望も極力調整します

【STEP3】
最終擦り合わせ

【STEP4】
内定
応募
受付方法
以下のフォームよりご記載ください。
面接地
東京都渋谷区
連絡先
ceo_project@en-japan.com
この求人に応募される方は
エントリー画面へ
この求人に関してのお問い合わせはこちら

”エン 社長候補”で自分だけの
新しいキャリアを探してください

”エン 社長候補”では年収800万以上の社長候補求人を掲載しています。
会員限定公開のコンフィデンシャル求人も多数取り扱っております。
会員登録する